ガス業界ではIGF21計画に基づき、石炭・石油等を原料とする低カロリーガスから天然ガス等を原料とする高カロリーガスへの転換を全国で推進してきました。
 中国・四国地区の都市ガス14事業者においても、この共通の目的を達成するために、事業者間で連携して転換作業に取り組んでまいりました。そして、平成22年3月25日で、天然ガスへの転換をすべて完了しました。
 お客さまのご理解とご協力に心よりお礼申し上げます。


IGF21計画:1990年1月に通商産業省資源エネルギー庁により提案された「INTEGRATED GAS FAMILIY 21計画」を受け日本ガス協会および日本石油ガス機器工業会が 2010年を目途に、都市ガスのグループを天然ガスを中心とした 高カロリーガスグループ(13A、12A)へ統一することを目的に策定した計画。



中国・四国地区では
平成22年3月に
天然ガス転換作業を
完了しました。
天然ガスについて
天然ガス転換完了